かささぎなくらし コトノハ別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣いたコミック

<<   作成日時 : 2005/08/01 03:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

もしも
「この世が見えぬ」 と 「この世が聞こえぬ」 どちらかになるとしたら
どちらを選ぶ方が よりつらいだろうか

きっとわたしは 色のない方を選ぶ。
形が見えずとも おそらく何とかやっていけるだろうから。

でも
音がないのは 耐えられない。
見えなくなってもいい。でも 聞こえなくなることは わたしには恐怖である。


こんなわたしの感覚を説明するとしたら・・・

「神童」(1)(2)(3) さそうあきら 双葉文庫


主人公の小学生「成瀬うた」とは全然レヴェルが違うけれど
彼女の楽しみや哀しみ,絶望を経ての希望が
よくわかる 気がする。


背表紙にあった

  この漫画は【音】が主人公の作品です。
  大好きな音楽を音で表現するのではなく、
  エピソードとして表現していく漫画を目指しました。
  (さそうあきら)

この紹介文が 決定打。

あらゆる表現者達への贈り物ではなかろうか

神童 (1)
神童 (1) (双葉文庫―名作シリーズ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
(°°;))。。おろおろっ。。''((;°°)こっ・・・ここへはお邪魔させてもらってよかったろうか?ドキドキ

見えぬと聞こえぬ、究極の二択ですね。
私はたぶん聞こえぬを選ぶと思います。
文字が読めないのが私には恐怖だから。ああ・・・でも、究極だなぁ。


ろぜ
2005/08/01 12:29
ろぜさん! 嬉しいです♪こんなところまでおいで戴けるなんて!!
しかもコメントまで・・・;;(感涙)  もう大歓迎ですよ〜^^

そうなのです。究極の二択です。
勿論見えない読めないのは私も困るのですが・・・別に恐怖ではない程度なんだな。
そう認識した途端,今のうちに出来る限りみちゃえ読んじゃえ!的なことに(^^;) 欲張りですよね〜自分
かささぎ
2005/08/01 23:49
それならわたしは敢えて、両方を棄てたい。
なんとなく、そう思いました…

すみません、こちらへは初めましてですね。
介護人たま
2005/08/23 00:41
おぉっ たまさん!@o@! なんと。
ようこそお越し下さいました♪ 有難うございます^^ 嬉しいです〜〜;;

うーーーん。そっか。
両方棄てる も,ありですよね。
その選択肢は今まで考えに入れたことはなかったなぁ……
私にとってその選択は,或る意味開き直らないと,選択できないかも知れません。
・・・と言うことはまだ色々と未練があるのかもなぁ,自分・・・orz
かささぎ
2005/08/23 04:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
泣いたコミック かささぎなくらし コトノハ別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる