かささぎなくらし コトノハ別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おさえてもおさえてもまだ忘れない忘れられない・・・ワスレタクナイ・・・」

<<   作成日時 : 2005/07/01 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

始まりは哲さんの歌でした。

雑踏に君が声聞く夕暮れは進むもならず戻るもならず」 哲さん

・ふと耳にした声の色は褪せず 立ち止まる道振り返るとき  (哲さんに返歌)


  街角で,或いは 雑踏の中で
  ふと耳にした声は・・・
  もしかしたら現実ではないのかもしれないほど
  色鮮やかに響いてきた。
  声を確かなモノにしようとして,振り返る。
  そして
  気付いてしまうのだ。
  わたしの中にある想いは,まだ色褪せていない・・・
  
  あのひとの声に一喜一憂していた
  わたしは
  あのとき確かにそこにいた

  痛む想いは
  なかなか褪せやしないのかもしれない


君のこと今も変わらず好きだから時の流れは永久凍土」  哲さんから 返歌へ返歌


  永久凍土・・・・・・初めてわたしの想いがみえたような気がした
  わたしは まだ 想いを捨てずにいる
  だからなのだ  


空耳と判っていても振り向いてしまう こんなに声が聴きたい」  哲さん

  こんなにも,熱い想いが残っていたなんて
  
  あなたはここに いないのに


・電話でもメールでもいい本当は逢って触れたい抱きしめていたい   (哲さんに返歌)

  ああ そうなのか
  そうだったのか
  逢えないと 知っているのに
  解っていたはずなのに

・おさえてもおさえてもまだ忘れない忘れられないワスレタクナイ 

  逢いたいのだ
  逢って 触れて
  ・・・・・・抱かれたいのだ こんなにも

  想いを
  昇華させるために
  
  きちんと焼いて 灰にしてしまうために・・・・・・

・逢えないのならばいっそ忘れたい。忘れたいのに。ワスレタイノニ・・・


  ならば。
  色褪せるまで
  記憶と共に過ごそうか・・・・・・

  



本館に若干手直しをしました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おさえてもおさえてもまだ忘れない忘れられない・・・ワスレタクナイ・・・」 かささぎなくらし コトノハ別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる